Makefileを作ってコマンド入力のイライラを解消!

仮想環境の起動や、いつも使うコマンドを簡単に入力したい!

そんなときに便利なMakefileです。

Makefileを使うと長くて面倒なコマンド入力が楽になる!

例えば、Dockerの起動コマンド。

docker-compose up -d

上記コマンドの入力は、少し長くて面倒…。

そんなときにMakefileを準備。

Malefileの書き方

docker-compose up -d

を実行するときには以下のように記載。

Makefile
up:
 docker-compose up -d

ファイル名は「Makefile」

docker-compose up -d の前はタブを入力してください。

 

Makefileをおいたディレクトリでコマンド実行。

make up

これでOKです。

長いdocker~~~~~~~という文字を打たなくていいので楽になります。

 

upを他の文言に変えたり

コマンドを変更して、いつも使うコマンドを簡単に実行できるように使ってみてください!

 

タイピングが楽になります!