Ruby on Rails でエラーをわかりやすくするならbetter_errorsを使おう!

Ruby on Railsをそのまま使っているとエラーが見づらい…。

ってことで、better_errorsを入れてみます!

入れるときは以下のようにGemfileを修正します。

group :development do
  gem "better_errors"
  gem "binding_of_caller"
end

 

上記を書いて、bundle install , rails s で実行していきます。

エラーがとても見やすいのでぜひ使ってみてください(*^^*)

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)