Ruby メソッドにキーワード引数を使って可読性をあげよう!

Rubyのメソッドのキーワード引数をご紹介致します。

あまり使われるケースは少ないと思うのですが

APIなどみんなが使うメソッドに使うと可読性も上がると思います。

 

introというメソッドにキーワード引数を使った例は以下です。

def intro(name: "名無し", age: "100万")
  p "私の名前は#{name}です。歳は#{age}歳です。"
end

# 引数をメソッド通りに指定するパターン
intro(name: "まるこ", age: 7)
# => "私の名前はまるこです。歳は7歳です。"
intro(name: "とも蔵", age: 60)
# => "私の名前はとも蔵です。歳は60歳です。"

# 引数をメソッド定義に沿わず指定するパターン
intro(age: 23, name: "秘密")
# => "私の名前は秘密です。歳は23歳です。"

# 引数なし
intro
# => "私の名前は名無しです。歳は100万歳です。"

# 引数一部
intro(name: "ともしげ")
# => "私の名前はともしげです。歳は100万歳です。"

# パラメータ名を付けないとエラーになります。
# intro("まるこ",7) => ERROR

みんなが使うメソッドなどをこのように定義してあげると

使い方に迷いがなく使えそうですね(*^^*)

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)