Ruby の繰り返し処理 X.times を 1から処理したい場合はこれを使おう!

Rubyの繰り返し処理でtimes がありますが、0から処理がされます。

1から処理をしたいときはどうしたらいいのか?についてご紹介いたします。

以下のようにレンジで書くと綺麗に書くことができます。

# 0 からになる
3.times do |num|
  p num
end

# => 0
# => 1
# => 2

# これでもいいけど、かっこよくない。
3.times do |num|
  p num + 1
end

# => 1
# => 2
# => 3

# これがきれいに書ける
(1..3).each do |num|
  p num
end

# => 1
# => 2
# => 3

レンジ.each で書くと良いですね(*^^*)
繰り返し処理で1スタートで使いたい場合は是非参考にしてみてください。

何か参考になると幸いです(*^^*)