Ruby strftimeで %Y-%m-%d を使ってる方必見!短縮して書く方法

Rubyのstrftimeの便利な書き方についてご紹介いたします。

 

strftimeで%Y-%m-%dを使って20XX-12-31 のように

値取得をされている方は多いのではないでしょうか?

 

便利な書き方は以下の通りです。

now = Time.now

p now.strftime('%Y-%m-%d')
# => "2018-07-05"
p now.strftime('%F')
# => "2018-07-05" %Y-%m-%d と同等

p now.strftime('%Y-%m-%d %H:%M:%S')
# => "2018-07-05" 
p now.strftime('%F %T')
# => "2018-07-05 06:31:17" %H:%M:%S と同等

%F %Tを使用することで短く書くことができますね(*^^*)

%Y-%m-%dとか長くて覚えられない!という方はぜひ%Fで対応してみてください。

覚えやすくて楽ですね(*^^*)

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)