Ruby ハッシュ値の2つの書き方

Rubyのハッシュ値の2つの書き方についてご紹介いたします。

基本部分なので抑えておきたいところです。

例は以下の通りです。

# => を使う場合
{
  :test1 => 1,
  :test2 => 2,
  :test3 => 3,
}
# : を使う場合
{
  test1: 1,
  test2: 2,
  test3: 3,
}

上記の2パターンがあります。

気をつけておくことは、コーディング規約などでどちらかに統一しておいたほうが

後々見やすいコードができると思います。

 

何か参考になると幸いです(*^^*)