Ruby ||= (パイプライン2つ イコール)はこう使う!

Rubyの ||= (パイプライン2つ イコール)の使い方についてご紹介いたします。

基本的な使い方のご紹介になります。

 

||= はnilまたはfalseの場合に値を代入する使い方です。

以下が使用例です。

# パラメータが設定されている場合
test1 = 10
test1 ||= 30
p test1
# => 10

# パラメータが設定されていない場合
test2 ||= 30
p test2
# => 30

# パラメータがfalseの場合
test3 = false
test3 ||= 30
p test3
# => 30

||=を展開すると以下のように書くことができます。

test = test || 30

よく使われるので覚えておくといいですね(*^^*)
 

何か参考になれば幸いです(*^^*)