フリーランス

フリーランス1年目に気を抜いてショックを受けないための注意点

フリーランス1年目で単価も上がって浮かれてませんか?

フリーランスにもなって単価も会社員よりあがって遊べるようになった!

こんな方も少なくないかと思います。

 

そんな日々も過ぎてゆきふと考えるとこんなデメリットがあります。

確定申告と納税

2月から3月にかけて確定申告があります。

そのときに、領収書など一年分こまめに整理していないと

休日にすっごーーく大変な目にあいます。

 

平日仕事、土日は事務作業に追われなんだか悲しくなっちゃう日々になります。

もしできるのであれば、1ヶ月に1回や3ヶ月に1回などで領収書の整理や帳簿付けはしたほうがいいですね。

 

あと、不明点があれば早めに税務署に問い合わせておいたほうが良いと思います。

みんなが確定申告の準備をし始めると税務署にも電話は繋がりにくい上に仕事もあるし

本当に切羽詰まってきます。

 

そして、2つめの大変なのが1年かけて貯めていたお金が納税でガバッと持って行かれます。

その時は、正直とても悲しいですね。

1年間頑張って貯めて達成感に満ちてる中、税金が引かれてなくなってしまうので

貯金プラスアルファもっと余裕のある貯金をしておくことと今ある残額に満たされてしまわないことをおすすめします。

 

フリーランス1年目一番忙しくなる時期で一番税金が引かれてしょんぼりする時期かと思います。

日々できる2つの対策

  1. 休日など少しの時間でも良いのでこつこつと帳簿整理などはやっていきましょう
  2. 納税でしょんぼりしないためにも、ふるさと納税やiDeCoなど活用していきましょう

補足ですが、国民年金ですがまとめて払うと少し安くなるので

どうせ払うならまとめて払うこともおすすめです。

 

フリーランス生活。

お仕事プラス雑務も増えるので負担なくこなしていきたいですね。

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)

フリーランスになる前に準備しておく4つのこと

 フリーランスになる!と決めたあなたにチェックしてほしいこと

よし!フリーランスのエンジニアとしてこれからやっていくぞ!と決めた方に

チェックして欲しいポイントについてです。

  1. 資金余力について
  2. 家について
  3. クレジットカードについて
  4. 仕事単価について

上記がフリーランスになる前に準備しておいたほうが良いことです。

資金余力について

資金余力とは、貯金と同じです。

例えば、仕事を探す時に営業会社(エージェント)を利用したり

直接契約することもあると思います。

 

取引先によっては2ヶ月先に支払いというケースがあります。

 

また、仕事がすぐに見つからないケースもあります。

 

資金不足はメンタル的にも焦りが出てきてしまい

いい仕事が出来ない可能性も出てきます。

 

今まで通りの生活でスタートできるよう余裕の資金を準備しておきましょう。

家について

これは引っ越しが必要な方や、フリーランスになって引っ越ししようと考えている方向けなのですが

フリーランスになったばかりですと、収入の実績もないので賃貸の申請が通らないケースがあります。

 

というのも、私の実体験でした…笑

同じタイミングで同じ家に複数人申請した場合、やはり会社員の人には負けてしまうんですよね…。

 

その際、時間も余計にかかりますし会社員のときにできるだけ引っ越しをしてしまうことをおすすめします。

クレジットカードについて

これはよく言われていることですよね。

家と同様信用がないので、作れないケースもあるということがあります。

フリーランスになり安定して生活ができるようになると作れるようになるかと思いますが

早めに作っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

ただ、今はプリペイド式のクレジットカードもあるので

それを活用することもできるかもしれませんね。

三井住友VISAプリペイド

このようなカードもあるので参考にしてみるのもいいかもしれません。

仕事の単価について

これは結構重要だと思います。

営業会社(エージェント)に仕事の紹介をお願いすると

マージンをごっそり持っていかれる可能性があるためフリーランスとして働くにあたって

正社員のように保証がない、健康保険や年金も全額実費、交通費も全額実費というところで

そういうリスクも含めた単価を考えておいたほうがいいと思います。

 

営業会社を複数使って探すとどんどん単価が上がっていったという話もよく聞きます。

営業会社にこちらも営業するつもりで働いても悔いが無い単価で受けていったほうがいいです。

 

私の実体験含め、フリーランスになる前に確認しておくポイントをまとめてみました。

参考になれば幸いです(*^^*)

フリーランスがエージェントを使う時の注意点

便利なエージェントですが注意点があります

フリーランスを始めてエージェントを使うと案件も取りやすく

とても便利かと思います。

 

ただ、メリットもあればデメリットもある。

ということで私が個人的に感じたデメリットを書いていきます。

マージンが取られる

仕事をするにあたって毎月マージンを取られる会社が多いです。

営業会社を通さず自分で取引先を探すことができれば同じ仕事でも数万は高く

収入が増えると思います。

 

フォローします。など謳っている企業もありますが

正直いろいろ伝えても現場にいないエージェントは何かできるというケースは少ないです…。

 

結局自分の力に任されるという感じになります。

 

営業活動の時間がとりづらい

エージェントを通すと以下のような案件が多い傾向があります。

  • 客先常駐
  • 週5日
  • 客先に合わせた定時間勤務(8時間)

このような案件が多く、もし客先常駐をやめて他の会社と仕事をしたいということになっても

他社への営業活動の時間や交流など機会が取りづらいです。

 

私の場合、基本的に8時間フルで働くとヘトヘトで余力が残っていませんでした。笑

体力に自身がある方は違うかもしれませんね。

 

次の仕事につながる話が少ない

私の周りのエージェントを通して客先常駐をしているフリーランスは、

営業会社にマージンを抜かれてでも働きたいという人が多く

私と方向性が合わず次の仕事や人脈につながるケースは少なかったです。

 

どんなときにエージェントを使えばいいの?

こんなデメリットがあると、じゃあ、エージェントのよさってなんなの?

と思うと思いますが仕事が決まるスピード感は早いと思います!

 

突然、取引先の契約が切れたとしてもエージェントは案件を沢山あるので

早く仕事が決まりやすいです。

 

いざ困ったときに使うのがいいのかなとフリーランスを初めて3年経ち感じています。

 

何よりも時間に縛られたり、無駄なマージンが取られたり

フリーランスになったのに会社員と同じような縛りができるので

できるだけ早く個別の契約に移れるよう営業の時間を取れる余力を作ることをおすすめです。

フリーランスが営業会社を使うメリット・デメリット

フリーランスの仕事探しで営業会社を使ってみる

フリーランスを始めたばかりの方は営業会社を通して

仕事を始める方も多いと思います。

私もその一人で、大阪から東京に来てフリーランスになったので

つてもなかったため営業会社と契約をして仕事をはじめました。

 

その際に感じたメリットとデメリットをまとめたいと思います。

 

今回、言っている営業会社とは東京で言うと

レバレジーズやギークス、クラウドワークスなどが有名所かと思います。

営業会社を使うメリット

  1.  希望した仕事・場所・単価の案件が比較的早く見つかる。

 

取引先が1社の場合やいきなり契約解除となった場合、

生活安定のためにすぐに仕事を探すことが出来ます。

営業会やを使うデメリット

営業マージンが引かれる

毎月営業マージンが引かれ入金されます。

私が使用したところはいくら毎月引かれているか不明なままでした。

しっかりとサポートしてくれる営業会社だといいのですが

客先常駐して取引先に入れて放置という感じも多いため

あまりいい気分で仕事ができない場合もあります。

客先常駐の案件が多い

基本的に客先常駐の案件が多いです。

リモート希望でもあまりいい顔をされず、客先常駐になってしまうことが多いです。

家で仕事をしたくない人や寂しいから誰かといたいという人にはメリットかもしれませんね。

ただ、私の場合は会議やセキュリティーの問題で客先でやる仕事があるなら客先常駐でもいいと思うのですが

1人で仕事をゆっくりとしたり不必要に満員電車には乗りたくないと思っていたので

フルタイム客先常駐というのはデメリットだったかなと感じています。

単価交渉がやりづらい

客先常駐先での単価交渉などなどの交渉がやりづらいのがデメリットかと思います。

話をするにも、私→営業会社→客先というように話が流れるので

また聞きで話が進み意図していないように伝わってしまう可能性も出てきます。

また、なぜか1年以上働かないと単価交渉してもらえないケースが多かったですね。

そういう面でデメリットを感じました。

 

さらに、初めての現場だからと単価を妥協した自分も悪かったなと感じています。

 

フリーランスを初めて単価交渉する際は

妥協せず欲しい単価を率直に伝えたほうがいいとつくづく感じましたね。

なので、これを読んでくださったフリーランスの方は自分の意思は曲げずに

単価交渉をしてほしいと思います。

 

結論

仕事、お金がないと生活が出来ないので

人脈がない場合は営業会社を使うことをおすすめします。

ただ、マージンなどいくら引かれているか不透明な中、

仕事を進めるのは不安なので平行して営業活動もどんどん進めていったほうがいいです。

 

以上、フリーランスになり営業会社を使っての感想でした。

参考になれば幸いです。