プログラミング未経験からプログラマになるまで

プログラマって何?という状態からプログラマになることを決意!

あくまで、これは私が若かった頃で右も左もよくわかってなかった頃の体験談です。

専門学校に通っていて私は会計を選考していました。

 

なので、情報処理の方向性は考えていませんでした。

 

そして、専門学校は2年制に通っていて1年はみっちり勉強。

 

だって、専門学校って「◯◯の資格が◯%の合格率!」って出てますよね。

やばいほど追い込まれます。

 

だいたい1クラスに1人はメンタルやられたりなどなど当時はありましたね。

 

そんな感じで、1年間日商簿記1級(当時は合格率10%ほど?)を勉強していたのですが

私はなかなかついていけず不合格…。

 

そして最後のギリギリの期間で情報処理の資格を取るクラスに入り勉強した流れで

就職活動の時期がやってきました。

 

ただ、情報処理と言っても「プログラミングって何するの?」状態でしたが

エンジニアの道を選びました。

理由は給料いいよね。土日休みだよね。な感じだったと思います。

(たしか当初福岡で事務職は手取り10万円前半とかだった気がします…

それだと生活が苦しいのでそちらに流れがちにはなりますよね。)

 

いざ就職活動!

とりあえず、エンジニアになれる企業に応募しまくって

面接の繰り返しの日々。

 

そして、東証一部の企業に内定を頂き入社することになりました!

(この時点でプログラミングってなに?状態です)

いざ入社!

幸い2ヶ月の研修期間があったのですが

プログラミンを知らない私はもう拒絶反応が半端なかったですw

途中逃げ出したくもなりましたが、せっかく親が高い学費を払ってここまでやってきたんだ!

やめる訳にはいかない!!!

 

ってことで、とにかく鬱な気持ちになりながらも研修を終えました。

OJT開始!

研修期間があんな状態だった私はまず「引数ってなんですか?」と聞いて

先輩に笑われましたw

 

なんというか、私にとってプログラミングの名称とかどうでもよくて

どういう風に書くかという方が重要だったんですよねw

 

そんなこんな、あまりできる子ではなかったのですが

とにかくお仕事を続けました。

大体1日の労働時間は当初12時間ほど?だったかと思います。

(帰る頃には頭痛がひどかったですw)

 

ただ、とにかく専門学校卒の私は大卒の給料に負けたくなかったので必死で頑張りました。

めちゃくちゃ辛かったのは初めの3年ほどでしたでしょうか…。

 

それからいろいろ仕事の流れやプログラミングの流れがつかめてきた気がします。

当時は、基本設計書から結合テストまで要件定義以外は全部やっていたので

プログラミングをする時間は少なかったかもですね。

そんなこんなで10年

そんなつらい経験や、その間に過労状態になったこともありました。

ただ、とにかく思いに合ったのが

「できるようになりたい!そして稼ぎたい!」という思いだけでしたね。

 

なんというか、「俺は海賊王になる!」的なw

なんで?とか理由はなくそうしたいんだー!って感じでした。

 

 

周りよりできなかった過去の自分があるからこそ

周りの人を尊敬して吸収できるところは全力でやっていこうと努めました。

 

また、プラスアルファーSIerでの受託案件、新規サービス立ち上げ案件、運用案件。

いろいろ経験してきたので、作業の進め方の効率が悪かったら提案するなどの

プラスアルファーもできるよう心がけています。

 

今になれば、取引先の方からも契約が終わる時

「抜けられると痛い」や感謝の声も頂けるようになりました。

 

とにかくプログラミングができるようになるこつは

人に馬鹿にされようが決めたことをやり続けるだけです!

 

ただ、過労だけには気をつけてください。

私が復帰するまでにはかなりの時間を要しました。。

大丈夫、大丈夫と思っていても体のガタは突然来ます。

体が資本なので自分を本当に大切にしてあげてください。

プログラマになったけどやめようかと迷っている方へ

一度プログラミングをやろうと思った理由を思い出してみてください。

今すぐに上達したり、周りから馬鹿にしたりする人はいなくなりません。

 

馬鹿にする人が周りにいても良いんです。

その人からだって知識や仕事のやり方など学べるところはたくさんあります。

吸収できるものは全部吸収していきましょう。

 

ただ、あんまりひどく馬鹿にする人がいたら場所を変えてプログラミングを続けてもいいとは思います!

 

とにかく、プログラミングは一気に上達するのは

なかなか難しいですが継続すればすこーーーーしずつ見えてくるものがあります。

  1. 今プログラミングができなくてもいい。
  2. やりたかった理由を思い出す。
  3. とにかく継続してプログラミングに触れる時間を積み重ねる。
  4. だたし、過労や残業のやり過ぎは絶対NG。

 

そうすれば、プログラマーとして今よりもっと楽しく働くことができるようになります(*^^*)

 

こんな感じでつらつらと私の経験からですが、何か参考になれば幸いです(*^^*)

フリーランス1年目に気を抜いてショックを受けないための注意点

フリーランス1年目で単価も上がって浮かれてませんか?

フリーランスにもなって単価も会社員よりあがって遊べるようになった!

こんな方も少なくないかと思います。

 

そんな日々も過ぎてゆきふと考えるとこんなデメリットがあります。

確定申告と納税

2月から3月にかけて確定申告があります。

そのときに、領収書など一年分こまめに整理していないと

休日にすっごーーく大変な目にあいます。

 

平日仕事、土日は事務作業に追われなんだか悲しくなっちゃう日々になります。

もしできるのであれば、1ヶ月に1回や3ヶ月に1回などで領収書の整理や帳簿付けはしたほうがいいですね。

 

あと、不明点があれば早めに税務署に問い合わせておいたほうが良いと思います。

みんなが確定申告の準備をし始めると税務署にも電話は繋がりにくい上に仕事もあるし

本当に切羽詰まってきます。

 

そして、2つめの大変なのが1年かけて貯めていたお金が納税でガバッと持って行かれます。

その時は、正直とても悲しいですね。

1年間頑張って貯めて達成感に満ちてる中、税金が引かれてなくなってしまうので

貯金プラスアルファもっと余裕のある貯金をしておくことと今ある残額に満たされてしまわないことをおすすめします。

 

フリーランス1年目一番忙しくなる時期で一番税金が引かれてしょんぼりする時期かと思います。

日々できる2つの対策

  1. 休日など少しの時間でも良いのでこつこつと帳簿整理などはやっていきましょう
  2. 納税でしょんぼりしないためにも、ふるさと納税やiDeCoなど活用していきましょう

補足ですが、国民年金ですがまとめて払うと少し安くなるので

どうせ払うならまとめて払うこともおすすめです。

 

フリーランス生活。

お仕事プラス雑務も増えるので負担なくこなしていきたいですね。

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)

何気なくやってるそのミーティング本当に必要ですか?

ミーティングは本当に必要なのか

仕事をしているとどこの現場でもあるミーティング。

例えば、毎日、毎週などなど…。

定例である現場がほとんどかと思います。

 

でも、本当にそのミーティング、その時間必要でしょうか?

と疑問に感じることもあります。

例.朝礼の場合

例えば、全体朝礼が会社によってはあると思います。(大体ありますかね笑)

 

全体朝礼は短いのであればあっていいと思うのですが

結構長時間やると聞いている方もだれるし、作業時間も削られ

全員のコストで考えるとかなり非効率です。

 

重要な部分だけは面と向かってみんなに伝えるべきかとは思うので朝礼が不要とは思いませんが

軽い周知事項や豆知識の発表などなど、メールで済むものはその時間を使わなくても

全体メールで通知するなどしたほうが聞き漏らしもなく作業時間も削られず効率的かと思います。

例.毎日の進捗ミーティングの場合

また、毎日の進捗ミーティング。

これもみんな集まって口頭で「◯◯までできました」と伝えて終わりというようなもの。

 

ズバッと言っちゃいますが、時間のムダですね。

作業が中断される上、生産性がありません。

 

ただ、このミーティングを省く前提として以下の2つのポイントがあります。

  1. 作業者が見積もりしたスケジュールで上長(全体)に合意が取れていること
  2. アラートを上げた場合、拾って対策が取れる仕組みがあること

 

この2点かと思います。

まず、正常なスケジュールがあれば現場は作業スタートしたあと無駄なやり取りをしなくても

ある程度作業は進んでいくはずです。

 

アラートを出しても、対策を打てない、打たない職場もあるのでその場合はもう進捗ミーティングを

やったとしてもただの拷問ですね笑

ミーティングを開催するかの判断基準

まず、ミーティングを開催するにあたって参加者の作業を中断させて効率を下げます。

また、参加者の仕事の時間も削ります。

 

なので、本当に時間をとって決める話なのか。

入社、退職の挨拶などは時間取って集めるのはもちろんいいと思います。

 

が、通常の仕事の中で他の伝達手段で済むのであれば他の伝達手段でいいと思います。

 

時間的コスト、作業的コストを考えて開催するか考えて決めるのが一番ですね。

 

なんとなく、毎週やるとか毎日やるとかは本当作業の無駄です。

特に、ミーティング参加中に一人だけPCカタカタして耳を傾けていない人がいたら要注意ですね。

 

時間は有限です。

時間を大切に効率的にやっていきたいですね。

 

以上、何かの参考になれば幸いです(*^^*)

Rubyのeach, for, whileなどの繰り返し処理の外にbreakできない時の対処法

Rubyで二重でeach,forなどの繰り返し処理をしてbreakで抜けようとすると

外に抜けれない状態になります。

その時の対処方法について。

 

まずは、二重でeachを使った時の処理結果は以下の通りです。

areas = ['東京','埼玉','千葉','茨城']
nums = [1,2,3,4]

areas.each do |area|
    nums.shuffle.each do |num|
        # area文字列, 3 になったらbreak
        puts "#{area}, #{num}"
        break if num == 3
    end
end
# 結果
# 東京, 2
# 東京, 1
# 東京, 3 <- ここ
# 埼玉, 2
# 埼玉, 1
# 埼玉, 3 <- ここ
# 千葉, 4
# 千葉, 1
# 千葉, 3 <- ここ
# 茨城, 1
# 茨城, 3 <- ここ

3のときに次のareasに移って処理を繰り返していますね。

これを1回目の3で処理を終わらせたい場合は
catch :XXXX(適当な名前) と throw :XXXX(適当な名前)を使いましょう!

catch :done do
    areas.each do |area|
        nums.shuffle.each do |num|
            puts "#{area}, #{num}"
            if num == 3
                throw :done
            end
        end
    end
end
# 結果
# 東京, 1
# 東京, 4
# 東京, 3

注意点は、catchとthrowのあとに付ける名前は一致させることです。

違うとエラーになるので注意しましょう。

 

繰り返し処理を一気に全部抜けたいんだ!という方はぜひ参考にしてみてください(*^^*)

Rubyのeachでパラメータが参照できない?!forとの違い

似ているようで微妙違うeachとfor

似ているようで少し違うrubyのeachとforの例をご紹介したいと思います。

nums = [1,2,3,4]
sum = 0
for n in nums
    sum += n
end
puts sum # sum => 10
puts n   # n => 4 ※参照できてるのがポイント!!

for文で使われてるnがforの外でも参照出来ているのがポイントです!

nums = [1,2,3,4]
sum = 0
nums.each do |a|
    sum += a
end
puts sum # sum => 10
puts a   # ERROR!!!!

each文で定義されたaはeachの外では参照できないんですね。

同じような処理でも小さな違いがありますね。

何か参考になれば幸いです(*^^*)

私の体験談。裁量労働制をおすすめしない理由

転職で裁量労働制の企業に入社

以前私が裁量労働で働いていた時のことがあくまでベースになります。

 

そもそも失敗の理由が裁量労働制が何かあまり理解していませんでした。

 

裁量労働制(さいりょうろうどうせい)とは、労働時間制度の1つで、労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度のことです。

大きな特徴としては、出退勤時間の制限が無くなり、実労働時間に応じた残業代は発生しません。また、同制度は全ての業種に適用できるものでもなく、適用対象は設計者や技術者など法律が認めた業種に限ります。

 

こんな感じですね。

ただ、定時も10:00-19:00と決まっていたし30時間の残業代込という金額で提示されていたので

てっきり19時以降の30時間を超えた残業代が出るかと思って働いていました。

 

まず裁量労働として出社が遅刻などあるかないかについて。

始業時間の出勤は必須?

私が勤めていた会社は始業時間の出社は必須でした。

遅刻もできるのですが、連絡が必要でした。

 

なぜ、始業時間の出社が必要かというと朝礼が毎日あるからです…。

これはもう逃れられないですよね。

帰宅時間は自由?

帰宅時間は当初、みんな終電くらいまで働いていたので

自由といえば自由ですが完全に仕事が少ない日は早く帰れるとかではなく

常に仕事量が過剰な状態でした。

残業代つくからいいじゃん!は注意

裁量労働制の残業換算は以下のとおり。

夜10時から翌朝5時

まぁ、残業代はつかないですよね。

残業代込みで支給されていたので、それを超えることはありませんでした。

でも、帰りは毎日夜10時とかでした。

裁量労働制でどんな働き方をしたか

まず、仕事が多いので10時に出社して夜10時に帰るというような生活を送っていました。

それでも終わらないような仕事量でしたね…。

 

そして、だんだん体調を壊すようになってきました。

大きく体を壊すことはなかったのですが残業代が出ると見込んでいたので

生活にもあまり余裕がなく余力のお金は病院代で消えプライベート楽しむお金もなくなったりで

生きるために働くという感じでした。

 

ある意味1ヶ月定額制使い放題。という感じの制度なのかなとうい印象です。

 

若い頃は頑張れるだけ頑張りたい時期もあるんですけどね。

ずっと長く働くには体資本です。

裁量労働制はおすすめか

個人的にはおすすめしません。

もし裁量労働制で入社したい企業があるなら仕方ないのですが

正社員で入るなら残業代が支給される企業に入ることをおすすめします。

 

残業代が出ると、また残業代稼ぎでダラダラと働く人も出てくるデメリットもあるのですが

働くなら残業代が出て生活の余裕が出たほうが断然いいです!

(私はそのほうがモチベーションは上がります)

 

もし、今転職で裁量労働制の企業に入ろうとしている方がいたら

入社してからでは遅いのでぜひ一度検討してみてください。

 

もしなのかの参考になれば幸いです。

勉強したいけどできない!ずぼらでもできる勉強時間の作り方

面倒くさがり屋だから勉強しなきゃいけないけどしたくない

勉強しなきゃいけない、でも仕事も忙しくて疲れてるし勉強する時間ないよ。

勉強しなきゃいけないけど、好きなテレビがあるし勉強できなかったよ。

 

こんな方に簡単に勉強を習慣化できる方法があります。

やることと目標を明確化しましょう

なんで勉強するのか、いつまでにやり遂げたいのか。

それだけまず挙げてみましょう。

 

そして、大切なのがPCで控えるのではなく紙に書きましょう。

紙に書くというのは、PCで書くより脳に残る確立が高いと言われています。

 

しっかり決めたことを頭と紙に残しておきましょう。

どのタイミングで実行するか決めましょう

まずその勉強をいつのタイミングでやるか決めましょう。

何時間やるなど、時間まではまだ決めなくてOKです。

 

どのタイミングで実行するか決めたら、

始める所の行動まで毎日やって見ましょう。

 

何かのテキストを読むのであれば本を開くだけでもいいです。

そのタイミングで勉強をスタートさせる習慣だけつけていきます。

徐々に勉強の時間を伸ばしていきましょう

スタートの習慣ができたらほぼOKかと思います。

あとは、勉強の時間を自分の負担にならないところまで伸ばしていきましょう。

 

注意ポイントとして、仕事に支障がでるような時間設定はやめましょう。

仕事で一番のパフォーマンスが出せる状態だけはキープしてください。

 

日中の仕事もヘトヘト。勉強もヘトヘトだと何もかも嫌になってしまいます。

 

睡眠はしっかりとって元気な状態が基本です。

あとは継続だけ!

ここまでできればあとは継続するだけですね(*^^*)

簡単ですね(*^^*)

 

何事も一気に変えると、きついものですし少し頑張っただけでも

すごく頑張った気持ちになります。

 

急ぐ必要はないので少しずつ習慣化してやりたいことを叶えていきましょう。

私もこの方法で勉強する時間や、やりたいことの時間を徐々に作っていっています。

習慣が作れればこっちのものなので、やらなきゃいけないと思ってる方にはぜひおすすめです。

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)

Rubyの多重配列とeach

Rubyで多重配列とeachを組み合わせて使ってみる

Rubyの多重配列でeachを使うととても簡単に処理ができます。

各面積を算出するサンプルコードを書いてみました。

hw = [
  [10, 20],
  [30, 40],
  [50, 20]
]

num = []
hw.each do |length, width|
  # 面積
  num << length * width end # num => [200, 1200, 1000]

PHPメインで使っていたため、こんな簡単にかけるんだと衝撃でした。
PHPだと以下のような感じですね。

$hw = [
  [10, 20],
  [30, 40],
  [50, 20],
];

$num = [];
foreach ($hw as $nums) {
  // 面積
  $num[] = $nums[0] * $nums[1];
}
// num=>[200, 1200, 1000]

Rubyだとすぐ変数に入れることができて、変数名で明示的にわかるので可読性が上がりますね!
参考になれば幸いです。

フリーランスになる前に準備しておく4つのこと

 フリーランスになる!と決めたあなたにチェックしてほしいこと

よし!フリーランスのエンジニアとしてこれからやっていくぞ!と決めた方に

チェックして欲しいポイントについてです。

  1. 資金余力について
  2. 家について
  3. クレジットカードについて
  4. 仕事単価について

上記がフリーランスになる前に準備しておいたほうが良いことです。

資金余力について

資金余力とは、貯金と同じです。

例えば、仕事を探す時に営業会社(エージェント)を利用したり

直接契約することもあると思います。

 

取引先によっては2ヶ月先に支払いというケースがあります。

 

また、仕事がすぐに見つからないケースもあります。

 

資金不足はメンタル的にも焦りが出てきてしまい

いい仕事が出来ない可能性も出てきます。

 

今まで通りの生活でスタートできるよう余裕の資金を準備しておきましょう。

家について

これは引っ越しが必要な方や、フリーランスになって引っ越ししようと考えている方向けなのですが

フリーランスになったばかりですと、収入の実績もないので賃貸の申請が通らないケースがあります。

 

というのも、私の実体験でした…笑

同じタイミングで同じ家に複数人申請した場合、やはり会社員の人には負けてしまうんですよね…。

 

その際、時間も余計にかかりますし会社員のときにできるだけ引っ越しをしてしまうことをおすすめします。

クレジットカードについて

これはよく言われていることですよね。

家と同様信用がないので、作れないケースもあるということがあります。

フリーランスになり安定して生活ができるようになると作れるようになるかと思いますが

早めに作っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

ただ、今はプリペイド式のクレジットカードもあるので

それを活用することもできるかもしれませんね。

三井住友VISAプリペイド

このようなカードもあるので参考にしてみるのもいいかもしれません。

仕事の単価について

これは結構重要だと思います。

営業会社(エージェント)に仕事の紹介をお願いすると

マージンをごっそり持っていかれる可能性があるためフリーランスとして働くにあたって

正社員のように保証がない、健康保険や年金も全額実費、交通費も全額実費というところで

そういうリスクも含めた単価を考えておいたほうがいいと思います。

 

営業会社を複数使って探すとどんどん単価が上がっていったという話もよく聞きます。

営業会社にこちらも営業するつもりで働いても悔いが無い単価で受けていったほうがいいです。

 

私の実体験含め、フリーランスになる前に確認しておくポイントをまとめてみました。

参考になれば幸いです(*^^*)

気軽に節約したいならふるさと納税がおすすめ!

出費を楽して抑えたい人におすすめ!

なんとか毎月節約したいけど、できない。。

という方におすすめの方法をご紹介します!

 

ふるさと納税です!

って、最近よくニュースでも出てきてるのでご存知の方もいるかもしれませんが…。

改めて書いてみました!

ふるさと納税のメリットは?

寄附金から2,000円を差し引いた分を、所得税と住民税から還付・控除してもらえます。

なるほど。で?

 

ってことなのですが、この控除に加え返礼品というのがもらえるのがメリットです!

季節のフルーツや肉、魚、お酒、スイーツなどなど…。

 

一人暮らしだとなかなか買わないものや、毎日の食事の助けになるものもあります。

 

これが2000円でゲットできるのが大きなメリットですね。

私は干物やお肉をもらって食費の節約をしています笑

いくらまでふるさと納税できるの?

収入によって変わってくるので、以下のサイトを見てチェックしてみるといいと思います!

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

 

というより、払いすぎると逆に損する可能性があるので必ずチェックしてください!笑

控除の手続きはどうするの?

私は確定申告を自分でしているため、その際に申請しています。

今は企業に勤めている方はノンストップ申請というものもあるそうですが

個人個人状況が違うと思うのでサイトで見てみることをおすすめします!

 

ぜひ、少しでも簡単に節約をしたい!というかたにはおすすめの制度です。

 

私は地元を中心に納税していますがぜひやったことない方はチャレンジする価値あると思います!(*^^*)

参考になれば幸いです。