Ruby ヒアドキュメントの式展開できる書き方・式展開できない書き方

Rubyのヒアドキュメントの式展開できる書き方・式展開できない書き方について

ご紹介いたします。

 

書き方は以下4パターン。

ダブルクォーテーション(“) , シングルクォーテーション(‘) を使うかがポイントになります。

</pre>
word = 'ワードが入るよ'

# => パターン1
test = <<EOS
テストでここに#{word}
EOS
p test # => "テストでここにワードが入るよ\n"

# => パターン2
test = <<'EOS'
テストでここに#{word}
EOS
p test # => "テストでここに\#{word}\n"

# => パターン3
test = <<"EOS"
テストでここに#{word}
EOS
p test # => "テストでここにワードが入るよ\n"

EOSにシングルクォーテーション(‘)で囲うと式展開ができず

その他は式展開できていますね(*^^*)

 

使うタイミングは少ないかもしれませんが

頭の片隅においておくとコード解析の際に便利かもしれないですね(*^^*)

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)