本レビュー「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」

「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」のレビューです。

簡単に雑記として残したいと思います。

概要と感想

「ストレスは悪いもの」という刷り込まれた概念を変えてくれます。

ストレスとはどういう作用を起こすものか、

受け取り方によってストレスを受けない場合よりも

物事に対していい結果を出すことができる理由を

事象をもとに説明されています。

 

ストレスを受けるとストレスを受けないよりも幸福度も高いという

結果も出ておりストレスに対しての考え方が変わります。

 

味方につけることができれば、

生き方、勉強、仕事、何事も今より向上する要素になり得ることがわかり

学生、社会人ともに読んで損はない本だと思います。

 

1週間前後で軽く読めますし、内容は役に立つのでとてもおすすめです!!

 

何か参考になると幸いです(*^^*)