東京でフリーランス月収50万の生活は本当に楽なのか?

東京でフリーランスになりたいけど月収50万ってすごい!

生活楽になりそう!

 

なんてお考えの方へ。

私の実体験のベースをもとに実態の生活をご紹介いたします。

月収50万でできる生活

まず、引かれるお金から考えていきましょう。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 通信費
  • 交際費
  • 交通費(もちろん会社員のように支給はありません)
  • 作業場所(コワーキングなど使われる方は…)
  • 食費
  • PC(支給がない場合)
  • 年金、保険、税金
  • などなど

 

簡単にこのようなものだと思います。

他にもリスクとして考えておくことがあります。

  • 仕事が切れた場合の生活費

仕事が途切れる期間が予測できないことが一番怖い

これに限ると思います。

たった1ヶ月だとしても、税金、年金、家賃は当たり前のように引かれていきます。

東京の家賃レベルなど考えると月10万ほどは何もしなくても無くなるのではないでしょうか。

 

月収50万。

普通の生活をするのに、家賃など含め15万から20万。

税金を引かれ30万弱見積もっておいたほうがいいと思います。

 

あまりにカツカツに見積もると心の余裕がなくなって

会社員してたほうがいいじゃないかというようになるので

余裕を持って見積もるのがおすすめです。

次に怖いのがフリーランス二年目の税金

フリーランス二年目。

月収50万円の生活一年間が終わり、仕事も貯金も頑張ってきました。

確定申告も終わり、やれやれってかんじですね。

 

そんなところに、とりあえず、確定申告した税金がガッツリ取られます。

 

その後です。

次年度の税金が前年度をベースにして更に引かれます。

 

その上いつもどおり、今後もらえるかわからない国民年金、住民税。

どんどん引かれていきます。

 

正直貯金はあまり残りません。w

月収50万のフリーランスでは

きっと想像したほどいい生活はできないと思います。

 

私の実生活は、実家に帰省することはありましたが

旅行なんて遊びには行ってませんし、

遊ぶとしても鳥貴族のような安い居酒屋さんに週末友達と1ヶ月に数回行く程度。

 

ごくごく最低限、普通のレベルで遊ぶくらいです。

仕事が突然なくなるリスクもあるので

そんなに遊んでいられないですよね。

結論

月収50万では会社員とさほど変わらない生活レベル。

フリーランスとして働くので選択肢が広がるという

自由のレベルは上がると思います。

 

贅沢できるぜ!

たまには休んで旅行に行けるぜ!

 

なんて思えるレベルではないかと思います。

なので、もしフリーランスでお仕事を探す際はもっと高い案件を狙って取ってください。

 

もし、この経験を信じていただけるなら

単価に妥協せず勇気を持って提示をしてみることをおすすめします。

 

高い単価をフリーランスエージェントに提示すると

渋い顔をされると思います。

それは、安い単価の人のほうが企業にも提案しやすいからです。

 

それでも負けずに提示して希望の単価をもらってる人の話を

何人も聞いています。

私はいい顔をしすぎて失敗したパターンで苦労したので

みなさんにもそんな失敗をしてほしくないです。

 

同じ時間、同じ人生を削るならうまく交渉していったほうが

断然いいのでいいお仕事に出会えるよう活動してみましょう!

 

いいお仕事をゲットできるよう参考になれば嬉しいです(*^^*)

 

それでも、不安な方には以下の記事もおすすめです(*^^*)

ノーリスクでできるフリーランスへの第一歩

 

なにか参考になれば幸いです(*^^*)