自信をつけながら成長し続ける仕事の取り組み方

社会にでれば日々勉強と成長が必要

プログラマの仕事をしていると、

日々技術は進んでいき新しいものを知っていないとおいて行かれていきます。

 

ただ、毎日毎日新しい技術全部を学ぶのは疲弊してしまいますし

自分にあったペースでやるのが一番です。

仕事をする上でどのペースで成長するのがいいのか?

知らない分野の仕事をまるごと任せる場合

知らない分野の仕事をまるごと任せる場合、労働者側に相当な負荷がかかります。

ただ、給料を払ってるんだからやって当たり前だ!という考えの会社もあります。

 

この場合、労働者側として2つの結果に別れると思います。

  1. 全力で取り組み結果を出す人
  2. 精神的、体力的に潰れて過労状態で体を壊してしまう人

このやり方は、お互いギャンブルなやり方をしていると思います。

 

やれるところまでやらせて、体力がある人は耐えられますが

やれるところまでやって、限界に達して回復できず鬱になったりする場合もあります。

できる仕事をベースに知らない分野の仕事も織り交ぜていく場合

こなせる仕事をベースに少しずつ知らない分野の仕事も任せる場合です。

私の理想の割合は

「8割できること、2割できないこと」です。

 

この割合でやると8割はできるので達成感も味わいつつ

2割のできないことの壁にぶつかります。

 

ただ、2割のできないことができるようになれば少しずつ日々達成感を味わうことができ

自信が更についていきます。

知らないことでもやればできるという自信がつけば

自ら勉強する意欲もでてきて仕事の生産性も上がっていきます。

 

仕事を任せる側も、労働者側もお互いメリットがでてきます。

私はこのやり方はいい按配でいいなぁと思いますね。

日々成長していくIT業界

IT業界、Web業界では、日々勉強会やセミナーがあり成長が求められますが

潰れないほどのマイペースで成長していきたいですね。

 

心地よい成長と心地よい自信をつけていけるよう取り組んでいきましょう!(*^^*)

 

何か参考になれば幸いです(*^^*)