私の体験談。裁量労働制をおすすめしない理由

転職で裁量労働制の企業に入社

以前私が裁量労働で働いていた時のことがあくまでベースになります。

 

そもそも失敗の理由が裁量労働制が何かあまり理解していませんでした。

 

裁量労働制(さいりょうろうどうせい)とは、労働時間制度の1つで、労働時間を実労働時間ではなく一定の時間とみなす制度のことです。

大きな特徴としては、出退勤時間の制限が無くなり、実労働時間に応じた残業代は発生しません。また、同制度は全ての業種に適用できるものでもなく、適用対象は設計者や技術者など法律が認めた業種に限ります。

 

こんな感じですね。

ただ、定時も10:00-19:00と決まっていたし30時間の残業代込という金額で提示されていたので

てっきり19時以降の30時間を超えた残業代が出るかと思って働いていました。

 

まず裁量労働として出社が遅刻などあるかないかについて。

始業時間の出勤は必須?

私が勤めていた会社は始業時間の出社は必須でした。

遅刻もできるのですが、連絡が必要でした。

 

なぜ、始業時間の出社が必要かというと朝礼が毎日あるからです…。

これはもう逃れられないですよね。

帰宅時間は自由?

帰宅時間は当初、みんな終電くらいまで働いていたので

自由といえば自由ですが完全に仕事が少ない日は早く帰れるとかではなく

常に仕事量が過剰な状態でした。

残業代つくからいいじゃん!は注意

裁量労働制の残業換算は以下のとおり。

夜10時から翌朝5時

まぁ、残業代はつかないですよね。

残業代込みで支給されていたので、それを超えることはありませんでした。

でも、帰りは毎日夜10時とかでした。

裁量労働制でどんな働き方をしたか

まず、仕事が多いので10時に出社して夜10時に帰るというような生活を送っていました。

それでも終わらないような仕事量でしたね…。

 

そして、だんだん体調を壊すようになってきました。

大きく体を壊すことはなかったのですが残業代が出ると見込んでいたので

生活にもあまり余裕がなく余力のお金は病院代で消えプライベート楽しむお金もなくなったりで

生きるために働くという感じでした。

 

ある意味1ヶ月定額制使い放題。という感じの制度なのかなとうい印象です。

 

若い頃は頑張れるだけ頑張りたい時期もあるんですけどね。

ずっと長く働くには体資本です。

裁量労働制はおすすめか

個人的にはおすすめしません。

もし裁量労働制で入社したい企業があるなら仕方ないのですが

正社員で入るなら残業代が支給される企業に入ることをおすすめします。

 

残業代が出ると、また残業代稼ぎでダラダラと働く人も出てくるデメリットもあるのですが

働くなら残業代が出て生活の余裕が出たほうが断然いいです!

(私はそのほうがモチベーションは上がります)

 

もし、今転職で裁量労働制の企業に入ろうとしている方がいたら

入社してからでは遅いのでぜひ一度検討してみてください。

 

もしなのかの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA