大阪在住の私が東京でフリーランスを始めた方法

大阪と東京の距離の壁にぶち当たる

私の場合ですが、大阪で働いている当初はお金もあまりなく

ギリギリまで働きながらフリーランスになるために動くしかありませんでした。

 

その中での、大阪から東京へフリーランスの仕事を探す必要があります。

お金があまりない状態で交通費もあまり悠長に出していられないので

どれだけ効率的に仕事を探すかがポイントになってきます。

 

早く仕事を見つける手段を調べる

  1. フリーランスで仕事をするには知り合いから仕事をもらう。
  2. 営業会社から仕事を紹介してもらう。

この2点が思いついたことだったのですが、

当初会社員プログラマとして働いており周りにフリーランスもいなかったのでコネはありませんでした…。

 

なので強制的に2の選択肢になります。

 

といっても、営業会社も大阪から仕事を探して仕事が決まっても

仕事をやめて引っ越しまで済ませて期日通りに

仕事をスタートしてくれるのかという不安があります。

 

ということで、営業会社と話をさせて頂き以下のことが決定しました。

 

まず初めにやること

まずいちばん不安に思われたのが

「本当にこの人は仕事をやめて東京に来るのだろうか」ということでしたので

まず仕事をやめる旨を当時働いていた会社に伝えました。

 

その後、東京へ夜行バスで向かい顔合わせと案件の紹介をしていただきました。

 

ここからの進捗は早く、案件紹介から面談、契約まででトータル3日ほどでした。

 

営業会社を使うと遠方からだとわからない情報も提供してもらえるので

早く仕事をスタートすることが出来きるのは一番大きなメリットだったと思います。

 

案件決定後の大イベント

案件も決まり、あとは引っ越す場所を決めるだけです。

東京も場所、場所で治安や家賃が違ってくるのでここは事前に情報収集が必要です。

 

個人的な注意点はまずは、不動産に行かず地元に住んでいる人の意見を

知人でもネットでもいいので聞いて情報収集していくことをおすすめします。

 

ただし、なるべく数多くの意見をもらったほうが良いです。

 

数人だけにヒアリングしても、みんな住めば都なのでいいところばかり

教えてくれてデメリットはあまり聞くことが出来ません。

 

そして、ある程度地域を決めて不動産へ行ってみましょう。

 

最後の難関。賃貸の申請が通らない?!

これが最後の難関でした。

私の場合、仕事辞めてフリーランスになるということがわかっており

いい物件、新しい物件はちゃんと支払ってくれるのか不信に思う家主さんもおり

入居を断られる事がありました。

 

 

東京でいくらいい物件を見つけて、大阪へ戻っても

また振り出しに戻るということがあるんですよね…。

 

予想外の交通費の出費などが重なりこれが一番つらかったかもしれません。

ここはもう最後根性しかないですね!!

 

土日に一番安い夜行バスに乗り大阪から東京へ移動し、ネットカフェに泊まり家を探す!

 

めちゃくちゃきついですが、あとはとにかくやるだけです。(笑)

 

東京でフリーランスになるために必要な3つのこと

  1. 仕事を探すために必要な交通費など最低限のお金を準備する
  2. 営業会社を使って仕事を探すと早く仕事が見つかる
  3. 家探しは申請が通らない可能性もあるので余裕をもって探す

この難関突破でやっと東京でフリーランスの生活をスタートすることができました。

始めるまではとても不安でしたが今ではフリーランスとして働いて

今まで以上に可能性が広がったと思っています。

 

東京でフリーランスになろうか悩まれている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA