私がフリーランスWebプログラマになるまで

新卒、未経験でSIerに入社(福岡時代)

 

高校時代に起業、独立などに興味があり税理士の専門学校に進学。

勉強もきつく、1年という時間で勉強の目標達成ができず

最後の数ヶ月、資格を取るために情報処理の勉強をすることになりました。

 

この流れもあり、IT企業への就職を目指すことになりました。

もともとプログラミングは未知の世界で、その中に突然入ることとなりました。

 

就業場所は福岡市。

初めについた仕事は組み込み系の開発。

携帯電話(今で言うガラケー)を作っていました。

 

常に炎上、炎上ばかりの案件。

長期遠方へ出張している人も周りに多く、安定的に住むことも危機感を感じ

5年間ほど働きWeb業界を目指すことになりました。

 

転職するにも福岡は給料も安く仕事も少なかったので

他の場所で仕事をすることを検討しました。

 

Web業界を目指し転職(大阪時代)

福岡以外、東京、大阪など検討し地元にも帰りやすい大阪で転職活動をしました。

その後、Web系の仕事ができるということで中小企業に入ることになりました。

 

が、しかし…。

 

大阪で入社後、面接で聞いた話と違い結局組込系の仕事をすることになったり

内部で不祥事で辞める人がでたりとあまりよくない環境でした。

 

その後、大手のスマホゲームを開発する企業へ転職。

やっとPHPを本格的に実装スタートが始まります。

が、またそこでも問題が…。

 

裁量労働制ということで、毎日周りは22時くらいに帰宅。

朝はきっちり10時に出社。

1日12時間会社にいることが増えてきました。

 

もちろん裁量労働制なので残業代もありません…。

生活もかつかつでした…。

 

もともと炎上案件を新卒のころからやっていたので残業には慣れていたものの

体調を壊す日々が増えてきてしまい、少ない給料も病院代で消えていっていました。

 

大阪に転職したものの給料は少ない。残業は多い。

新天地で遊ぶ余裕すらなく、地元で親が何かあっても何もしてあげられない…

働くことに疑問を感じてきていました。

 

そこから数カ月ずっと悩みました。

この環境に耐えるか、一度大きく変えてみるか…。

 

フリーランスになると決意し東京へ!

地元からもっと離れるのも辛い、

でもこのままだと何も変わらないなら行動してみるしかない!

 

もう捨てるものもないし

フリーランスならスキルマップも自分で選べるし

東京でフリーランスをやってみよう!

 

ということで、東京でのフリーランスの生活がスタートしました。

 

フリーランススタート!(東京時代)

正直、フリーランスになってどうだったかというと

始めた当初は新しい土地。友達や知り合いもいなくて辛かったです。

 

でも、仕事やスキルマップが選べることにとても可能性を感じて楽しく感じていました。

 

また、今まで以上に前向きに仕事に楽しそうに仕事に取り組んでいる人が多くて

いい刺激を非常に受けています!

 

まだまだ学ぶことも沢山あって日々、成長が必要ですが

会社員のときより働く選択肢の自由があり可能性を数年たった今でも感じています。

 

これからもっと発展していきたいですね!

 

以上、これが私の簡単なフリーランスになるまでの自己紹介となります。

これからもっと記事を書いていってためになるものを発信できたらと思っています。

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA